2020/05/10

障がいがある本人達からの「やりたい」の声に応えて、ハピスポではC型就労をイベントとして実現してきました。

しかし、いまイベントは自粛が求められています…

そんな中、なんと新型コロナウイルスの終息を待たずしてエネルギーいっぱいの子どもたちが動きはじめました!

((((;゚Д゚)))))))

お母さん達に頼らず、周囲の仲間たちとZoomとLINEで連絡を取り合いながら、計画を進めているのですが…

今日は、イベントの日にちをいつにするかとか、各企画に対して担当者を決めようとか決めることが沢山でした。

『すぐ決めるのは大変だから、また来週までに決めようか?』と、大人が促すと子どもたちから、

『いや、いま決めた方がいいと思います。』と、言われてしまい苦笑いw

みんな思っていた以上に頼もしくて、本当にビックリします。

今後もZoomを通じて、自分の力で自分が計画したZoomイベントを型にしていく予定です!

障がいや生きづらさを抱えた彼らから、人生で何が大切かを毎回教えてもらっています。

みんな、今日もありがとう!

ワクワクするようなネットイベントが、どんどん進んでいきそうです!

╰(*´︶`*)╯

〜 C型就労とは? 〜

障がいが有る方、生きづらさを抱えた方にたいして、C型就労という制度上の支援は存在しませんが、

地域の中で「やりがい」や「つながり」を切り口としたお金に繋がる事だけでない「就労」の意義がいまあちこちで話し合われ始めています。

こんな世の中だからこそ、

C型就労の「C」は、

コミニケーションの「C」

コミニティーの「C」

チャレンジの「C」

チャンスの「C」

⚫︎本人達が自分のやりやすい様に、自分で考えて本当にやりたいことを周囲と共にやってみます。

⚫︎言葉の代わりに、メモを使ったりもします。

⚫︎失敗も、成功もありません。そこにあるのは経験です。

コメントを残す