ゲストで呼んでいただいた、ケアカフェちくまさんのオンラインで、本気で自分の今の思いを話したいと考えています。

どなたでも参加できますのでぜひ聞いてください。

※ 以下、イベントページより引用

イベント参加はこちらから↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.facebook.com/100002345391116/posts/3135757679845714/?d=n

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月1日(土)20時〜22時 

開催いたします!

ゲスト 高山さや佳さん

ハピスポひろば、ごちゃまぜカフェなど、福祉という領域から広く社会に飛び出して、多様な生きづらさを感じている全ての困りごとに「居場所」を作り続けてきた高山さや佳さん。いま、コロナ禍で世界が揺れ動く中で、予定していたハピスポひろばファイナルを未開催を余儀なくされた今年、どんな新しいスタートを構想しているのか。ハートフルの本質に触れる「ごちゃまぜ」の温かさを、ぜひ一緒に学びませんか?

今回もブレイクアウトルームを設けて、少人数でのグループシェアをしながら意見交換、情報共有を行います。また、コロナ状況を乗り切るためのヒントや補助・サポート情報、ローカルで役立つリアルタイムな情報のシェアができると思います。

どうぞご参加をお待ちしております。

●SpecialGUEST 高山 さや佳氏プロフィール

◎NPO法人 HappySpotClub 代表理事

◎株式会社ゼロへの道のり 代表取締役

◎宅幼老所 和らぎの家 管理者

◎長野市ボランティアセンター

運営委員会副委員長

東京動物専門学校卒業後、アメリカへ2年半の留学。帰国後は、英会話スクール講師から、介護職へと転身。介護福祉士。

9年前 民間の福祉ボランティア団体を立ち上げる。その後、NPO法人、株式会社の立ち上げを経験。目まぐるしく変化する人生を送り、まだ旅の途中。

高校生二人の子どもを持つ、シングルマザー。

ハピスポひろばファイナルに向けて高山さや佳さんが語った言葉を引用したいと思います。

★★

9年前私は、働いていた高齢者介護施設で偶然目にした「障害児とお年寄りとの間に生まれた交流」に心を大きく動かされました。

お互いに限られた世界の中で暮らす方たちが、偶然出会えたことで生まれる笑顔がある。

そんな光景をたくさんの方たちに目にしてほしいと、2011年からハピスポひろばはスタートしました。

時は流れハピスポひろばは、小さな会議室から長野市ビッグハットへと会場を移していきました。

2016年ごちゃまぜカフェをスタート。

皆んなの生活や気持ちや、生きづらさは

イベントだけでは変えていけないと感じ、毎日がハピスポひろばになり得るような『出会い』で溢れた場所を作ろうと、仲間たちとスタートしたのが「ごちゃまぜカフェ」でした。ごちゃまぜカフェも、やろうとしたのではなく偶然の出会いから物語がはじまりました。

私が9年前に見た光景を形にしたいとスタートした「ハピスポひろば」は、たくさんの方に支えられて、驚くほど進化し今では3300人以上が足を運んでくださる大きなイベントとなりました。

その反面、ごちゃまぜカフェをスタートしてから、地域でたくさんの課題や問題と直面し続け、目に見える世界の裏側と向かい合う日々が4年間続いていました。

いま世の中は、たくさんの問題を抱え込みつづけています。

イベントは、人と出会い、人から学び、人と生きるチャンスを与えてもらえる最高のツールだと思います。

それを理解してくれる若者たちが、イベントをきっかけに私たちの周りにたくさん集まってきてくれています。

彼らには、たくさんの想いと、まだ形になりきらないけれど素晴らしい構想が頭の中に溢れています。

★★

●参加費【今回も無料!】参加申込みは、直接ケアカフェながの(このページ)へメッセンジャーをいただくか、peatixでご案内いたします。介護現場のオンラインでのネットワークをより広く繋げるためにも今回も参加費無料で開催いたします。今後は参加費を募るような形になるかと思いますがどうかご了承ください。ZOOMまたはPeatixに繋げない方は、メッセンジャーでケアカフェながのまでお問い合わせください。参加方法などをご案内いたします。

●オンラインワークショップについてパソコンやスマホがあれば誰でも使えるアプリやICTをつかって、ご家庭や職場など、離れたところにいても一緒にトークや情報シェアをリアルタイムでできます。コロナウイルス対策もあり、こうした取り組みがいろいろなところで広がっています。

ケアカフェながのでも、いつものケアカフェイベントに加え、こうしたオンラインのケアカフェを計画しています。まずは、やってみよう!という段階から始めていく予定です。ご興味がある方はぜひ、ご連絡ください。参加の方法や詳細についてご連絡いたします。

【オンラインのケアカフェってどんな感じ?】

○いま想定しているのはZOOMというリモート会議システムを使って、パソコンやスマホを同時につなぐやり方です。

○全員の顔が同時に映せて、会話もできます。いつものケアカフェと同じようにグループに分かれて、みんなでメモを取ることもできますし、同じ動画や写真を共有することもできます。

○講師の方を呼んで講演することもできます。

○使い方のコツを覚えるだけでスマホかパソコンがあれば誰でもできます。

★会議システムZoom についてはこちらをご参照ください

https://www.it-ex.com/promo/zoom/

コメントを残す